カナガンキャットフードの給餌量

カナガンキャットフードの量

カナガンキャトフードの1袋辺りの量は1.5kgです。

 

これは猫一匹で1ケ月〜1ケ月半持つような量になっています。
(生後一年未満の子猫の場合は給餌量が多くなりますので1ケ月弱)
カナガン給餌量

 

 

そしてカナガンキャットフードを猫に一日辺りに与える給餌量はこのようになっております。

 

成猫(生後1年以上)

 

体重 一日の給与量
2.5kg以下 25~35g
2.5kg~3.5kg 34~45g
3.5kg~4.5kg 45~60
4.5kg以上 60g〜

 

子猫

年齢 一日の給与量
生後3週間〜2ケ月以下 20~30g
2〜4ケ月 30~55g
4〜6ケ月 55g~75g
6〜12ケ月 75g~

 

 

生後1年を目安に給餌量は減っていく

 

子猫の内はたくさんのエネルギーを必要としますので、与える量もそれなりに多くなってきます。

 

しかし生後1年たった辺りからは体重に合わせて与える量を減らしていく必要があります。

 

現在飼っている猫が太り気味の場合はこの表から10%程度量を減らす。

 

逆にやせ過ぎの場合は10%程度増やしてあげるなどをして調整していきましょう。

 

子猫の内から離乳食としてカナガンを与える場合

 

生後3週間辺りから乳歯が生えてきて、それが離乳食を始めるタイミングになってきます。

 

ドライフードを離乳食として与える場合は、1時間程度ぬるま湯につけて完全にふやかして柔らかくしてから与えましょう。

 

行きなりドライフードをそのまま与えても子猫は食べる事ができません。

 

カナガンはウェットフードもありますので、ウェットフードを与える際はまな板の上で包丁などを使い具を細かく刻んでから与えましょう。

 

カナガンの量

カナガン給餌量

 

 

汁もたくさん含まれており、軽いとろみも付いているので離乳食としてもカナガンは最適です。

 

 

与えすぎは肥満の原因。可愛くても適正量を守ろう

 

猫の健康を考えてカナガンを選んだのに、与えすぎて太らせてしまっては意味がありません。

 

最初のうちは猫ももっと食べたいとおねだりしてくるかもしれません。

 

しかしそこは心を鬼にして適正量で慣れてもらう事で、健康を維持する事ができます。

 

缶詰は高くて量が少ない!

 

カナガンの缶詰は12缶で割引適用前だと5400円もします。

 

これは正直一般庶民の私には厳しい価格。

 

カナガン給餌量

 

でも猫もドライフードばかりじゃ飽きちゃって可愛そうですよね。

 

そんな中カナガンの缶詰はそこらへんもちゃんと考えてられており秘密があるんですね。

 

それは元々ドライフードと混ぜても食べやすいよう汁が気持ち多めでとろみがかかっています

 

さらにチキンとサーモンのほぐし身がたくさん入っており、

 

ドライフードと混ぜたときに良く絡んで食べやすいようになっているんですね^^

 

これを上手に活用している我が家では、週に3回程度ドライフードにウェットフードを混ぜて与えるようにしています♪

 

これで猫ちゃんも飽きる事無く食事を楽しめますよね^^

 

やっぱりウェットフードを混ぜると食いつきもかなりアップしてめちゃくちゃ美味しそうに食べてくれます。

 

以上カナガンの量と給餌量でした。

 

 

カナガン悪評猫

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

カナガンウェットフード

 

 

カナガンの悪評。実際はどうなの!?

 

カナガンを子猫に与える時の注意点

 

 

 

 

 

 

カナガンは子猫のうちから始める事ができるので、最初から品質の高い最高峰の安全性を誇る餌を与えたいならカナガン一択。理由はプレミアムキャットフードで子猫に対応している物はかなり種類が限られているからです。大体は成猫〜老猫になっているんですね。さらにご家庭で年齢が異なる猫を複数匹飼っている場合でも、カナガンキャットフードで統一できるのも嬉しいですよね。先ほどもお伝えいたしましたが、子猫から与える場合はくれぐれも成猫になる時期に合わせてきちんと量を減らして行くことを忘れずに行いましょう。以前までの量を引き続き与えていると間違いなく太ります。これはカナガンキャットフードだけに限らない事ですのでお忘れなく。

ホーム RSS購読 サイトマップ